読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰ってきたHolyGrailとHoryGrailの区別がつかない日記

はてなブログに帰って来ました

これはまだ革命への序章である - 書評 - つヤ部報 vol.1

つヤ部より献本御礼!

http://tsuyabu.in/report/vol01/:image=http://tsuyabu.in/wp/wp-content/uploads/2009/05/front_page.png

これは日本のITの現在、そして未来を示すドラマである。

の言葉通り、これは日本のIT業界における暗部をさらけだし、そしてこれからの革命を予感させてくれる、そんな一冊であった。

本書は六本木のとあるWeb企業に属するエンジニアが、自らの経験を赤裸々に語った内容になっている。

特集1 リメンバー・ウォーターサーバー

  • 水はもうない - mirakui
  • 社員からやる気を根こそぎ奪い取りつつも馬車馬のように働かせるシステムを思いついた - umezo
  • 会社は社会主義である - mkatagi
  • Dr Pepper Complex - makimoto
  • 社内twitterのすすめ - tohae

特集2 破滅合コン入門

  • 【プロジェクト目標】第一回つヤ部会合コン - mirakui
  • 破滅な合コンに行ってきました。 - umezo
  • 報告 - tohae
  • 彼女と同棲してるのに合コン行く奴って何なの - mirakui
  • 合コン反省会 - mirakui, umezo, tohae, yokochie

ゲスト

  • おいおまえちょっとしゃべれ - bummy

やはりなんと言っても「リメンバー・ウォーターサーバー」である。
潤いを奪われた彼らの言葉は一言一句全てが「リアル」であり、この本を読み終える頃には私の口の中は乾ききってしまっていた。

全てがリアルであるからこそ彼らの言葉からはIT業界の未来・・・、彼ら自身によるこれからの革命を感じ取ることができた。

革命は起こっていない、だが確実に革命は起こる

我々はまだ革命の前段階に存在している。
しかし、確実に革命は起こる、それをこの本が全て証明してくれている。

IT業界に携わる全ての若手エンジニアが読むべき本であり、この本を読んで自ら革命を感じ取り、そして革命を起こす側へとまわってもらいたい。
この本が歴史に名を刻むのもそう遠い未来ではないであろう。