読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰ってきたHolyGrailとHoryGrailの区別がつかない日記

はてなブログに帰って来ました

CakePHPを使ってみています

時代はフレームワークですし残念なPHPではありますが、使い慣れている言語でもありますのでCakePHPの勉強をすることにしました(今更ですが)

というわけでチュートリアルやったので流れだけメモ書き。

CakePHPのダウンロード

まずCakePHPをダウンロードします

この記事の執筆時点でのStable(1.2.5)をダウンロードします。

アーカイブを解答

んでダウンロードしたアーカイブを、ドキュメントルートで展開します
その後解答したURLへアクセスします。

データベースを作成

とりあえずCakePHPのためのデータベースを作成します。
CakePHPにはいろいろな命名規則があるので注意*1
データベースを作成したら。

/app/config/database.php

を編集する。
ログイン名、パスワード、DB名を修正し、エンコーディングを設定するのを忘れないようにする。

モデルを作成

たとえばListというモデルがあれば、CakePHPは自動的にそのモデルがListsControllerで使用されると考え、listsというデータベースとひもづけられます。
モデルは

/app/models/

以下に用意します。

コントローラの作成

コントローラは

/app/controllers/

以下に用意します。

ビューの用意

ビューは

/app/views/

以下にディレクトリを用意して、その下にビューファイルを用意します。

ここまで書いて

体調が悪く鼻水が止まらないのでこの記事はおしまいです。

*1:[http://book.cakephp.org/ja/view/22/CakePHP-Conventions:title]