読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰ってきたHolyGrailとHoryGrailの区別がつかない日記

はてなブログに帰って来ました

明日放送の2013年高専ロボコン全国大会観戦記

ロボコン [DVD]

ロボコン [DVD]

長澤まさみとの共演によって高専病が完治したHolyGrailです*1

ということでKosen Advent Calendar 2013の20日目の記事になります

ロボコンと私

さて、まず始めにですが私自身は情報学科の学生だったのでロボコンとはあまり関わりが深くありませんでした。
関わりといえば上記映画にエキストラとして出演したことと入り浸ってた友達のいる研究室の教官がロボコン部(正式名称はメカトロニクス部)の顧問をやっていたということぐらいでしょうか。

全国高専ロボコンを見に行くことになった話

とまぁそんな感じの薄い繋がりしかなかったのですが今回その研究室に在籍していた友達からうちの高専が全国大会に出場することになったので見に行かないか?と誘われました。
なかなかお互い忙しくて最近会っていなかったということもあり行くいくー、と気軽に返事をすることに。
思えばこのきっかけがなければあんなドラマチックな高専ロボコンを生で観戦するという素晴らしい機会を得ることはできなかったでしょう、声をかけてくれた友達に感謝。

そして現地へ

が、安定の遅刻。
友達とメッセンジャーで連絡をとりつつ急いで現地へ。
どうやらうちの高専は順調に勝ち上がっているらしく準決勝には間に合うかも!とのこと

そしてなんとか準決勝前に無事に到着!
これまでの経過について友達にきいたところ

  • うちの高専がチーム紹介映像でやらかしたとのこと
    • 後々聞いたところどうも自分が所属していた同好会の後輩たちが作った映像らしい
    • その同好会で映像制作を始めたのは自分の代だったので責任を感じずにはいられない、後輩を褒めたい(NHK相手によくやった、多分放送はされない)

その中でも特に出てきた話が

奈良高専がやばい

この競技、クリアタイムが45秒以内だとかなり早い方になるんですが奈良高専、なんと初戦で20秒台を叩きだして会場の度肝を抜いたそうです。
もはや優勝待ったなしと会場の誰もが思う程度には強いらしい。

準決勝からルールが変更に

さて、うちの高専も無事に2回戦を突破して準決勝まできた。
どうもここからルールが変わるらしくゴール時間ではなく最後に3分の制限時間いっぱいでより多くのジャンプの回数を競うらしい。
ここから先は早さだけでなく連続ジャンプの安定性も競われることになる。

うちの高専は準決勝……

なんとかギリギリで勝利!
ジャンプの速度は相手のほうが早かったが相手がミスしたところをこちらはミスなく最後まで連続でジャンプを飛びきった!

そして奈良高専の準決勝

強い・・・強すぎる。
奈良高専のマシンはバケモノか……!!
誰もがそうおもう圧勝っぷり。

しかも準決勝の連続ジャンプによって判明したのが奈良高専の高速ジャンプ&高速縄回しモード
安定したジャンプだけでなくさらに高速回転させることによって相手を引き離す……

まさに悪魔のようなロボである。
圧倒的な………チカラ…………ッ!!!!

そして決勝と故障

そして見事に勝利した奈良高専とうちの高専が決勝で当たることになった。
もうだめだ、相手が悪かった。だがしかしロボコンは本当に何が起こるか分からない。
最後までやってみようじゃないか!

応援席がそんな空気になった中、会場では奈良高専の準備が終わっている。

おかしい…、うちの高専がまだ出てこないけどどうなったんだ?

するとアナウンサーの人が出てきた。

――――「すみません、徳山高専ですがマシンの故障のため今しばらくお待ちください……」

えっ……。故障??

次回予告

果たして徳山高専のマシンは無事復帰して決勝戦を戦うことはできるのか?
奈良高専のマシンはどこまで記録を伸ばすのか。
そして会場にいたすべての人が戦慄した衝撃の結末とは!?

次回「徳山高専優勝
2013年12月21日 16時〜17時
NHK総合にて放送開始!

みんな、見てくれよな!!

あ、ところで

地区大会が以下のサイトで配信されているので時間に余裕がある人は明日の放送前にざっくりチェックしておくといいと思います。

高専ロボコン2013ライブストリーミング|NHK


明日Kosen Advent Calendar 2013は id:a_suenami さんです

*1:後に「そんなもの高専病どころじゃなくて一般人あかんくなるやん」と指摘されて別の病気が治りました」