帰ってきたHolyGrailとHoryGrailの区別がつかない日記

はてなブログに帰って来ました

もっと自由で楽しくDJをしよう

この記事は#kosendj Advent Calendar 2016 - Adventarの6日目の記事です。 5日目は破壊神うなすけによる哀愁MIXでした。

www.adventar.org

今日はkosendjでつながないDJをやり始めた

kosendj の雰囲気について

kosendj ですが身内感のあるイベントではありますが内容は至って真っ当なクラブイベントです。 ビートを合わせて曲と曲のつなぎを違和感なくそつなくこなす野郎達によるイベントです。

最初は普通にDJをしていた

多分多くの皆さんはDJと言えば曲のビートを合わせて、次の曲へとスムーズに繋いでいく、そんなイメージだと思います。 自分もDJを始めたての頃は曲のつなぎをキレイにうまくできるようにいろいろと考えながらやっていました。

自分の中のDJ感を変えてくれた「DJやついいちろう

もう7年ぐらい前だと思いますが、エレ片フェスというイベントに参加したんです。 その中のコンテンツの一つとして「DJやついいちろう」の演目があったんです。

芸人がDJをするということで、どういうものなんだろうと思っていたんですが自分の知っているDJとは違ってかっこいいというよりも、楽しくて笑えて踊れる、そんな最高のステージでこんな自由なDJがあるのか!と思いました。

その時みたDJやついのパフォーマンスは決してつなぎがキレイなわけでもないのですが、そこはさすが芸人。また選曲も芸人らしくなく、いい意味でチャラい選曲もあって非常によかったです。

他にもDJダイノジや、DJハヤシ(POLYSICS)など自由なスタイルでDJをする人はたくさんいますが、どれも楽しく会場も大盛り上がりで、多くの人に受け入れられている様子を見ることができます。

DJはもっと自由でいい

www.waxpoetics.jp

ちょっと前にこんな記事が話題になりました。

素晴らしいDJの何たるかは全ての曲同士を繋げてビートマッチングする事ではありません。何よりも先に”ミュージックラバー”である私達の目的は良い音楽をチョイスする人達をプロモートする事で、Donnaはそういった意味で沢山の素晴らしい音楽を紹介してくれました。


London: Nu Guinea, Khruangbin & Donna Leake

そんなわけでDJはもっと自由で楽しくあるべきだという思いの元に自分もkosendjでは回すように最近は心がけています。

kosendjは上にも書いたとおり、わりと真っ当なクラブイベントなのですが、自分が最初にJ-ROCKでDJやったときもみんなノリにノッてくれたので、とにかく音楽を楽しむことができるメンバーが集まった本当にいいイベントだと思います。

自分だけのスタイル、選曲でフロアを盛り上げられるようにこれからも頑張っていきたいですね。